Top >  シロアリとは >  建物に深刻な被害を加える害虫

建物に深刻な被害を加える害虫

シロアリといえば、まっさきに木造の建築を思い出す人が多いかと思いますが、実は木以外にも布、紙などのシロアリの好物があるのです。
そして、シロアリはコンクリートにもゴム類にも興味を示し、ビニールでもかじりつきますので、要注意です。
そして、このシロアリは建物に深刻な被害を加える害虫として、日本でも注目されています。
阪神大震災の後の調査でわかったことですが、被災地の随所にシロアリの被害が見受けられたのです。
知らぬ間に建物がシロアリに食い蝕まれたせいで倒壊し、家の随所がゆるくなって倒壊した家もたくさんあったそうです。
シロアリは見えないところから破壊していくわけですから、家の中でシロアリを見たときは要注意ですね。
しかし、家の中にアリが侵入したからといって、それが必ずしもシロアリとは限らないので、まずはシロアリとそうでない虫との区別をしっかりしましょう。

 <  前の記事 繁殖力が非常に強いシロアリ  |  トップページ  |  次の記事 シロアリを見つけたら・・・  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://fivebefor.xsrv.jp/mt/mt-tb.cgi/6600

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「シロアリ対策のポイント!」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。