Top >  シロアリとは >  農作物に被害を及ぼすシロアリ

農作物に被害を及ぼすシロアリ

これはあまり知られていないことかも知れませんが、日本に生息しているシロアリのすべての種類が、木材を食べるシロアリではありません。
むしろ、木材を食べるシロアリの方が少ないのだといえます。
そして、日本のシロアリの中でもキノコを栽培するシロアリがあり、たとえば沖縄や八重山などに生息するシロアリがそうです。
日本ではシロアリといえば家の被害だけが頭に浮かびますが、実はシロアリの被害は農作物にも影響するのです。
たとえば、サトウキビなどの被害がその一つで、サトウキビ畑のシロアリ駆除で頭を痛めている人も家屋の被害と同じように多いのです。
また、シロアリのキノコは人が食べられるものが多く、シロアリの巣で育ったシロアリタケを食べている国もあり、死滅したシロアリの菌園から食用のキノコを栽培するところもあります。
シロアリに関して、結構知らないことが多いですよね。

 <  前の記事 キノコ栽培をするシロアリ  |  トップページ  |  次の記事 シロアリの社会性  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://fivebefor.xsrv.jp/mt/mt-tb.cgi/6581

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「シロアリ対策のポイント!」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。