Top >  シロアリとは >  シロアリが出すフェロモンについて

シロアリが出すフェロモンについて

羽アリは羽を落とした後、メスがフェロモンを出してオスを呼び寄せます。
そして、1ペアの羽アリが出会うと、新しい巣を作る準備をして、少しずつ子孫を増やして新しい家庭を築きます。
シロアリは一夫一婦制で、生涯を通じて羽アリのときに出会ったパートナーと仲良く子孫を繁栄していくのです。
シロアリのフェロモンは、非常に重要な役割を果たしています。
なぜならばシロアリは目が退化しているため、ほとんど見ることができずに社会生活を営んでいるのです。
そのため、シロアリはフェロモンでお互いに信号を送るようになっているのです。
羽アリの時代はフェロモンでメスがオスを呼び寄せ、性誘引のフェロモンとして使いますが、このほかにもシロアリのフェロモンは使われています。
たとえば、女王アリ以外で子孫を繁栄できないようにする、階級分化調節フェロモンというものもあります。
これは、一つの巣に一つの女王アリと王アリで秩序が守れるようにするためのフェロモンで、そのフェロモンでシロアリの社会は規則正しく運営できるようになっているのです。
このほかにもフェロモンを地面につけて、歩いてきた道の印をつけたり、仲間に自分の居場所を知らせたり、迷子にならないように記号的な作用をもたらしたりしているのです。

 <  前の記事 羽アリの羽の役目  |  トップページ  |  次の記事 シロアリを家で見かけたら  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://fivebefor.xsrv.jp/mt/mt-tb.cgi/6611

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「シロアリ対策のポイント!」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。