Top >  シロアリとは >  シロアリの社会性

シロアリの社会性

シロアリと聞けば、家を破壊する害虫として有名ですね。
そして、一度に大量発生しますので、瞬く間に大事な我が家が破壊されていくことで恐れられています。
シロアリは、クロアリやハチなどの社会性昆虫と同じように階級性を持つ習性があり、それぞれ役割を分担して生活を営んでいます。
女王アリと王アリがトップに立ち、それに続いて副女王や副王、そして働きアリに兵隊アリ、ニンフなどがあるのです。
シロアリは社会性を厳しく守り、アリやハチなどのような昆虫に特有の社会性に限り真社会性と呼ばれ、その特徴の一つには階級の中には不妊の階層があり、その不妊の階級がハチの世界では働きハチと呼ばれ、シロアリの世界では兵隊アリと呼ばれ、繁殖せずに一生を通じてひたすら働くのです。
一生働き続けるなんて、何かかわいそうな感じもしますよね。
厳しい自然界を生き抜くためには、仕方のないことなのでしょうか。

 <  前の記事 農作物に被害を及ぼすシロアリ  |  トップページ  |  次の記事 シロアリ社会の兵隊アリ  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://fivebefor.xsrv.jp/mt/mt-tb.cgi/6582

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「シロアリ対策のポイント!」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。