Top >  シロアリとは >  シロアリ対策のポイント

シロアリ対策のポイント

シロアリは木材を食べる害虫として嫌われており、実際にシロアリの被害を受けた人の話を聞くとその威力がわかりますね。
しかしながら、シロアリ被害というものは、定期的に点検して早期発見と早期駆除で家屋の崩壊はある程度防ぐことができるのです。
シロアリは建物の土台や柱、桁、梁などの接合部の木材をかじることが多いようです。
いわば建物のコネクション的な役割を果たしている部分を破壊するということですので、建物は崩壊しやすくなるばかりでなく、建物の強度が低下して修理することもとても難しくなるのです。
たとえば修理ができても修理代は莫大なものであるうえ、修理が大掛かりなものになり、時間も要するのです。
そのため、羽アリを見かけたらすぐに建物の点検をするとよいでしょう。
シロアリの有無を点検して、シロアリを見つけた場合は被害を及んでいる範囲やその程度を見て、しっかりシロアリ対策して根絶させることが大切です。

 <  前の記事 シロアリによる被害の実態  |  トップページ  |  次の記事 シロアリは一年中います  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://fivebefor.xsrv.jp/mt/mt-tb.cgi/6622

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「シロアリ対策のポイント!」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。