Top >  シロアリとは >  シロアリのいろいろな巣

シロアリのいろいろな巣

シロアリは家の大敵というイメージが強いのですが、いったいシロアリの巣とはどういうものでしょうか。
シロアリの巣というのは、実にいろいろな材料を使っているのです。
しかもシロアリの巣は木材に穴を開けて作るものもあれば、木材の上に巣を作るものもあるのです。
そして、もっとも有名なシロアリの巣といえば、熱帯地方にあるアリ塚でしょう。
熱帯地方のアリ塚の中には3メートル以上のものもあり、まさに一つのシロアリのお城という感じですね。
しかも地上に出ているのが3メートルというだけで、地下には10メートルにも上るトンネルがあり、その下にはシロアリの巣が出来上がっているのです。
シロアリのアリ塚はクロアリのものと似ており、いずれも地下に蟻道というトンネルを作っています。
そのトンネルは長いもので50メートルにも上るものもあるそうです。
その巨大な巣は上手に温度や湿度を調整できるように工夫されており、シロアリはそこで快適な生活を送っているのです。

 <  前の記事 シロアリ社会の兵隊アリ  |  トップページ  |  次の記事 シロアリが作るアリ塚  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://fivebefor.xsrv.jp/mt/mt-tb.cgi/6584

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「シロアリ対策のポイント!」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。