Top >  シロアリ関連 >  OMソーラーハウスの特徴

OMソーラーハウスの特徴

住宅に詳しい人ならば、OMソーラーハウスというものをご存知の人も多いかと思います。
このOMソーラーハウスの最大の特徴は、従来ならば時間の経過とともに湿気を含んでいく建物を、つねに乾燥した状態に保ててくれるところで、しかも建物にシロアリ対策用の薬を撒く必要はなく、すでに防蟻工法が施されているところです。
その実用性が買われ、少しずつ健康と快適さをもたらしてくれるOMソーラーハウスを利用する人が増えているそうです。
このOMソーラーハウスの木造の打ち放し住宅は外見がモダンな雰囲気を持ち、内部は湿度を適度に抑えているコンクリートが標準仕様ですので、見た目もクールで機能的だといえます。
防湿作用をもたらしたコンクリートの基礎工事が施されていますので、OMソーラーハウスは蓄熱コンクリートとしての役割を果たすため、ソーラーハウスと呼ばれ、シロアリの好む湿気がつねに低く抑えられますので、薬剤を使わずにシロアリの習性に合わせたシロアリ対策だといえます。

 <  前の記事 ヤマトシロアリの特徴  |  トップページ  |  次の記事 無変態動物であるシロアリ  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://fivebefor.xsrv.jp/mt/mt-tb.cgi/6596

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「シロアリ対策のポイント!」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。