Top >  シロアリ関連 >  シロアリのニンフ

シロアリのニンフ

シロアリの社会には、ニンフというものがいます。
これは新しい巣を作るための羽アリで、女王アリと王アリが巣が大きくなると、このニンフを産み、巣の外で新しい巣を作り、子孫を繁栄していけるように育てているシロアリです。
しかし、シロアリはクロアリとは違って、生まれたときから同じ形をもっており、幼虫の段階から役割が決まっています。
これは、女王アリと王アリの分泌するフェロモンで、最初から決められるそうです。
そのため、巣が大きくなると、自然とニンフが増えて、羽アリになって群飛して外で新しい巣を作るようになるのです。
シロアリのニンフは、4月から6月にかけて一度に大群で飛びますが、敵も多いため、食べられたりしながら新しい巣で新しい家族を築いていくのです。
シロアリが出没しやすい場所は浴室や洗面所、そして玄関だといわれています。
そのため、シロアリを疑ったらまずはこれらの場所をチェックしてみるとよいでしょう。

 <  前の記事 シロアリはゴキブリの仲間です  |  トップページ  |  次の記事 株式会社イーライフ  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://fivebefor.xsrv.jp/mt/mt-tb.cgi/6607

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「シロアリ対策のポイント!」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。