Top >  シロアリ関連 >  シロアリの羽アリは遠くまで飛べません

シロアリの羽アリは遠くまで飛べません

シロアリは熱帯地方を好みますので、日本を含む多くの熱帯地方でシロアリの被害が出ています。
そのため、シロアリを駆除する薬やシロアリを防止する薬などがでています。
しかもシロアリを駆除工法は日々進歩しており、いまでは人間と環境にやさしい駆除工法が多く出ていますね。
家でシロアリを発見したり、家の庭先で羽アリを発見したりした場合は念のためにシロアリの有無をチェックしましょう。
場合によっては、羽アリが家の近くを通過しただけということもあり、あるいはシロアリとクロアリを間違えたりすることもありますが、万が一、家の地下で巣を作った場合はあっという間に繁殖して家の木材を破壊してしまいますので、気をつけましょう。
シロアリは羽アリとして群飛してからも目が弱いなどのハンディを抱えているため、遠くまで飛ぶことができず、ほとんどの場合は育った巣の近くで羽を落とすことが多いといわれています。
そして、シロアリはクロアリやカエル、鳥などの天敵がいるため、歩いているときに食べられてしまうことも多いのです。

 <  前の記事 シロアリの有無を自分でチェックすることは難しい  |  トップページ  |  次の記事 シロアリ被害の兆候  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://fivebefor.xsrv.jp/mt/mt-tb.cgi/6614

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「シロアリ対策のポイント!」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。