Top >  シロアリ関連 >  アメリカカンザイシロアリの特徴と生態

アメリカカンザイシロアリの特徴と生態

シロアリにはいろいろな種類のものがあり、その中にアメリカカンザイシロアリというシロアリがいます。
このアメリカカンザイシロアリというのはアメリカから輸入家具などと共に海を渡ってきたシロアリの一種で、いまでは日本でも繁殖してかなりの数がいるそうです。
東京や千葉、神奈川、富山そして沖縄まで、かなり広範囲にわたって繁殖を続けているシロアリの一種ですね。
このシロアリの体長は6mmから8mmまでで、社会性を持ち、兵アリの体長がほかの役割を持つものよりも少し大きく、8mm から11mmとなっていますので、体長で兵アリかどうかがわかるようになっています。
そして、このシロアリは身体の色が通常のシロアリのように白ではなく、赤褐色か黒褐色になっています。
そして、ニンフの羽アリが巣を飛び出し、群飛する時期もほかのシロアリと少しずれて、7月から9月にかけて、もっぱら昼間に出没するのだといわれています。
このシロアリは太平洋の沿岸地域で生息していたものですが、日本には輸入家具といっしょに持ち込まれたといわれており、しかもかなり木材に損害を与える害虫だともいわれています。
もともとは乾材だけだったのですが、この頃では建物以外の木材にも損害を与えて、かなり破壊力が強いといわれています。

 <  前の記事 16種類ほどのシロアリが生息している日本  |  トップページ  |  次の記事 ダイコクシロアリの特徴と生態  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://fivebefor.xsrv.jp/mt/mt-tb.cgi/6628

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「シロアリ対策のポイント!」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。