Top >  シロアリ関連 >  ダイコクシロアリの特徴と生態

ダイコクシロアリの特徴と生態

ダイコクシロアリというシロアリがいますが、これは熱帯地域で最も威力のある乾材害虫だといわれています。
このシロアリは、通常のシロアリのように湿気の多い場所でないと生息できないものではなく、乾燥に非常に強いので、建物をはじめ、ピアノや家具などの木製家具、そして屋外の枯れ枝などにも住めるようになっている生命力のあるシロアリです。
日本では・奄美大島より南の南西諸島や小笠原諸島などで生息しているといわれています。
乾燥には極めて強いのですが寒さには弱いので、日本本土には生息していません。
羽アリは、5~8月の夕方から夜にかけて群飛し電灯に到来します。
この群飛は、長期間に数回行われます。
巣は小さく、特別に加工した巣や蟻道をつくる能力はありません。
したがって遠い木材への移動はできず、乾材中の孔道をうがって少数の固体が集団で生活しているのです。
乾いた木材中でも体内の水分を失わないように、直腸で排泄物の水分を再吸収しています。
主に侵入は被害家具や梱包材の持込による場合が多く、数頭の働きアリから巣が容易に再生されてしまうので、被害場所やその範囲及び発生箇所の特定は困難で、防除がとても難しい種類です。

 <  前の記事 アメリカカンザイシロアリの特徴と生態  |  トップページ

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://fivebefor.xsrv.jp/mt/mt-tb.cgi/6629

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「シロアリ対策のポイント!」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。