Top >  シロアリ関連読本 >  白蟻の生活

白蟻の生活

白蟻の生活
モーリス メーテルリンク
白蟻の生活
定価: ¥ 1,890
販売価格: ¥ 1,890
人気ランキング: 405775位
おすすめ度:
発売日: 2000-11
発売元: 工作舎
発送可能時期: 通常4~6日以内に発送
白蟻の生活の詳細を見る

白蟻の生活は隣のヒトが読んでいてちょっと興味を持った本です。でも白蟻の生活を読んでみて、案外面白かったのでご紹介します。

白蟻の生活の本などは余り詳しくご存じない方もいらっしゃるかもしれませんが、この機会に読んでみられるのも良いのではないでしょうか?白蟻の生活はなかなか興味を引く内容で、引き込まれていってしまいます。

読んで得したなぁと思う本、読んで損したよ!と思う本、世の中にはいろいろありますね。白蟻の生活は「読んで損はない本」です。

微妙な表現ですね。得か損かは人それぞれなので何とも言えませんです。でも損がないなら得かもしれない方が強いです。白蟻の生活はそういう本です。

白蟻の生活は内容がしっかりしていて、わかりやすいので誰にでも受け入れられる本なんです。白蟻の生活の分野が初めての人にも、そうでない人にもしっかり内容がわかる本です。だから、損はありません。実際に読んでみたら、白蟻の生活はかなりお得な本になると思いますよ。

現代における人と社会の白蟻化
 この本は白蟻についての本である。しかし、著者は著名な文学者であり、そのため「白蟻の異常性格についてほとんど考慮していない」自然科学者の観察に基づいて客観的事実を述べながらも、鋭い哲学的考察が随所に散りばめられて、類書に無い深い内容を持った本になっている。
 白蟻は、セメント造りで空調の完備された巨大な蟻塚に住み、地下に縦横に張り巡らされた通路を行き来し、個体それぞれの役割は複雑な社会組織に応じて極度に分化され、雄と雌の性はあるものの社会化のためほとんど放棄され、次世代を生み育てる役割は個体から「巣」に奪われているのであり、それらの結果、一個体は自然界における位置を失い、全体としての巣が、自然界で一定の役割を担っているのである。
 私たちも同様に、快適なタワーマンションに住み、地下鉄や地下のアーケードで暮らし、高度資本主義社会に適応するため極端なスペシャリストになり、男女平等の美名の下に性差は否定され、育児は家族から保育所等になった。
 私たちは、どこに向かっているであろうか。
 
 

一気に読んでしまう面白さ
 青い鳥で有名なこの著者だが、社会性昆虫の本を書いていたとはまったく思わなかった。著者が冒頭で述べているように不正確な表現は用いられていないようである。
 この本が書かれたのは1926年だが、その当時によくこれだけの情報を集められたのかと感心してしまった。社会性生物学に興味のある人もそうでない人にも薦めたい。

白蟻の生活の詳細を見る

 <  前の記事 シロアリハンター 6個入  |  トップページ  |  次の記事 VISUAL ENGINEERING 図解 木と木材がわかる本 (VISUAL ENGINEERING) (VISUAL ENGINEERING)  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://fivebefor.xsrv.jp/mt/mt-tb.cgi/555

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

テクノラティ

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「シロアリ対策のポイント!関連読本」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。