Top >  シロアリ関連読本 >  「床下」が危ない! (住宅が危ない!シリーズ)

「床下」が危ない! (住宅が危ない!シリーズ)

「床下」が危ない! (住宅が危ない!シリーズ)
神谷 忠弘
「床下」が危ない! (住宅が危ない!シリーズ)
定価: ¥ 1,575
販売価格: ¥ 1,575
人気ランキング: 285965位
おすすめ度:
発売日: 2003-12
発売元: エクスナレッジ
発送可能時期: 通常24時間以内に発送
「床下」が危ない! (住宅が危ない!シリーズ)の詳細を見る

ふぁ~。風呂から出て、寝るまでの間に本を読むのが私のささやかな楽しみです。最近読んでるのは「「床下」が危ない! (住宅が危ない!シリーズ)」。

最初はとっつきにくいかな~~と思ってたけど、文体が結構好きな感じで結構読みやすいです。

神谷 忠弘の本は「床下」が危ない! (住宅が危ない!シリーズ)意外にも色々あるけど、私は「床下」が危ない! (住宅が危ない!シリーズ)が一番好きかな^^!

あと、最近は漬け物にもハマってます。子供の頃はしば漬けが好きで、しば漬けばっかり2ヶ月くらい食べ続けて入院してからは一切食べなくなったけど、最近また食べてみたら、再び漬け物中毒になりました。

さて、今日はもう寝ます。

床下対策というより床下学でした。
大変学術的でさすがこの分野の第一人者という感じでした。
ただあらゆるシロアリ対策についてデメリットが書いてあり「じゃあ一体被害があったらどうしろというの!」というふうになってしまいました。
古い中古住宅のシロアリ対策の為に買ったのですが結局どんな対策をしても効果がないきがしてきました。
「Aという被害のときはA’という対策を行ってA”という点に注意して」という実践的なものを求めていたので残念でした。というわけで私にとっては☆3つでした。
ただ床下のことについて勉強したい人には大変有益そうに感じました。

シロアリの生態と対策について筆者の考えがわかる本
戸建て住宅をお持ちの方、購入、建築を検討されている方、床下産業に拘わる方、戸建て建築に拘わる業者の方々、すべてに必読の本だと思います。
シロアリの生態や食害対策に関する筆者の基本的考え方が述べられています。薬剤ばらまき型の画一的、マニュアル的な業者の防除方法について警鐘を鳴らします。具体的な対処方法についてはほとんど書かれていません。ですから、シロアリに悩まされている方がこの本を読んでも、簡単に対策が立てられるわけではありません。今後は対処方法に関する事例を沢山載せた続編を執筆して欲しいです。(企業秘密?!?)

シロアリ学
タイトルから連想されるような「欠陥住宅」についての本ではない。
内容はシロアリ百科事典といった赴きであり、筆者のシロアリとその対策に対する情熱が伝わってくる。
怪しいシロアリ業者と戦うための理論武装用に最適である。

「床下」が危ない! (住宅が危ない!シリーズ)の詳細を見る

 <  前の記事 床下の毒物シロアリ防除剤  |  トップページ  |  次の記事 シロアリハンター  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://fivebefor.xsrv.jp/mt/mt-tb.cgi/559

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

テクノラティ

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「シロアリ対策のポイント!関連読本」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。