Top >  シロアリお薦めグッズ >  天然素材の珪藻土珪藻土けいそう・エコ・るーむ(大) 消臭に経済的 福島いわき産【1222PUP10F】

天然素材の珪藻土珪藻土けいそう・エコ・るーむ(大) 消臭に経済的 福島いわき産【1222PUP10F】

天然素材の珪藻土珪藻土けいそう・エコ・るーむ(大) 消臭に経済的 福島いわき産【1222PUP10F】
天然素材の珪藻土珪藻土けいそう・エコ・るーむ(大) 消臭に経済的 福島いわき産【1222PUP10F】
価格: 1,575円
販売元: オーケーマート

けいそう・エコ・るーむ(小)はこちら珪藻土の福袋はこちらその他の珪藻土はこちら 内容 けいそう・エコ・るーむ(大)縦31cm*横31cm 1.2Kg 1袋 成分 100%天然珪藻土(ケイソウド) 保存保管方法 常温で保管してください。 使用方法 100%天然素材の珪藻土「けいそう・エコ・るーむ」ジメジメに!消臭・除湿に効果を発揮。ホームアルデヒド等を吸着除去し、シックハウス症候群の予防素材に最適です。押入れ、リビング、クローゼット、車内、ペットのお部屋、革製品、下駄箱、トイレなどに。湿気量、臭量、日照等さまざまな環境により使用数量を変えて適宜使用してください。*交換目安 1年珪藻土は使用後、土壌改良や消臭剤として再利用できます。珪藻土自体は自律的に吸放湿しますので、半永久的に効果が持続します。効果の効きが悪いと感じたら、風通しの良い所で乾燥させてください。*6畳に2袋が目安です。 自然素材で経済的 簡単消臭・除湿お客様からこんなお声を頂きました!群馬県K様報告です!「ケイソウ土」凄いですV。今日実家でネギを貰ってきたのですが(いつもは何日も車の中に臭いが残ってしまうので貰ってきません・・・)車の窓を寒いのに開けて走り・・・それでも案の定臭さは残っていました(涙)「ケイソウ土」のことに気が付き、半信半疑で車の中に入れてみたら、なんと30分で臭いがなくなったんですよ!感激でしたよ☆お客様「けいそう・エコ・るーむ」届きました!早速、湿気の多いトイレへ置いてみました。今までどんなことしても空気が澱んでいたトイレでしたが、半日ほどで空気がさわやかに!!トイレ特有の臭いも消えてとっても快適です。本当にありがとうございました(*^0^*)ありがとうございます。珪藻土(けいそうど)とは日本列島が海面上に姿を現し始めた約数百万年前に、隆盛した単細胞植物性プランクトン(単細胞藻類等=微生物等)が海底に長年にわたって堆積されてできた粘土状の泥土。珪藻土はミクロの孔が幾何学的に並ぶ「超多孔質構造」を持ち、すぐれた調湿効果をもたらします。日本では、珪藻土が耐火、断熱、保湿、遮音、脱臭などの特性を有することから研究開発が行なわれ、最近では、濾過材・吸着建材などに着目され、近代建築の保湿材等として生活の中に幅広く使われています。珪藻土の特徴・効果▼調湿機能は木炭・備長炭・竹炭の3倍以上、ゼオライトの8倍以上と優れた効果を発揮します。▼タバコやペット、押入れ・下駄箱の臭いなど生活臭の消臭に効果的です。▼有害化学物質=ホルムアルデヒド等の吸着除去予防素材に最適です。▼室内・床下湿度を60%前後に調湿します。▼床下結露防止、カビ、ダニ、木材腐食の発生を抑え、消臭とわらじ虫等防虫、シロアリ侵入の予防効果があります。▼自然呼吸調湿のため効果は半永久的、エネルギーは不要、原料は100%珪藻土で不燃、腐敗せず安全無害です。▼マイナスイオンは体内活性化酸素が安定し、病気の発現が抑えられる効果があるとされています。▼ミネラル成分が豊富で、ご自宅で気軽に温泉気分があじわえます。珪藻土と他物質との吸放湿率比較表もっと狭い場所にご使用になりたい方はこちらへ。珪藻土を出してアレンジしたり、一工夫でインテリアに★同梱におすすめですよ★

 <  前の記事 桐箪笥(たんす)の職人がこだわって作った米びつ焼桐20kg用 【黒】  |  トップページ  |  次の記事 白アリ駆除で長年の経験を持つ「イカリ消毒(株)」の白アリ防除剤!スーパーアリジェット  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://fivebefor.xsrv.jp/mt/mt-tb.cgi/880

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

テクノラティ

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「シロアリ対策のポイント!関連読本」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。