Top >  シロアリお薦めグッズ >  塗っておくだけのシロアリ予防剤白アリの害から家屋を守る!塗っておくだけのシロアリ予防剤『シロアリ通行止め(450g)』

塗っておくだけのシロアリ予防剤白アリの害から家屋を守る!塗っておくだけのシロアリ予防剤『シロアリ通行止め(450g)』

塗っておくだけのシロアリ予防剤白アリの害から家屋を守る!塗っておくだけのシロアリ予防剤『シロアリ通行止め(450g)』
塗っておくだけのシロアリ予防剤白アリの害から家屋を守る!塗っておくだけのシロアリ予防剤『シロアリ通行止め(450g)』
価格: 4,410円
販売元: キャンペーン365

【製品名】シロアリ通行止め【有効成分】ホウ酸塩 【容 量】450g 着色料3g(水で溶解後の容量2,7リットル) 【性 状】粉状【製品特長】・VOC(揮発性有機化合物)を全く含まないため、住宅の室内空気を汚染しません。・有効成分のホウ酸塩も無機物なので揮発しません。・無臭性で人に対する安全性も高くプラスチックや金属にも影響ありません。・シロアリ、ヒラタキクイムシなどの害虫、ナミダタケ、カワラタケなどの木材腐朽菌から木材を保護します。・人間の正常な皮膚からは吸収しません。・人間が間違って飲み込んでも短時間で尿として排出されますが、白蟻は体外に排出できず 死に至ります。ホウ酸塩は、ガラスやセラミックスなど工業的に大量に消費されていますが、 中毒事故はほとんどありません。・白蟻やヒラタキクイムシなどの木材害虫、ナミダタケやカワラタケ、オオウズラタケなどの木材 腐朽菌から木材を保護します。ニュージーランドや北欧、カナダでは40?50年前から防虫防腐剤 として使われています。・無臭性です。・プラスチックや金属を侵しません。・魚毒性が低い。・水に溶かして使う粉末タイプのため、溶解前は軽量で運搬が簡単。液漏れの心配もありません。【使用方法】 ・容器内の指定の水位まで水を入れ、次に「白アリ通行止め」を入れて下さい。・必要な場合は、付属の着色剤を入れて着色して下さい。・付属の攪拌棒でよくかき混ぜ、溶解して下さい。・冬季で水が冷たい場合は、溶けにくいことがありますので、ぬるま湯を使用して下さい。・刷毛で必要な部分に塗布して下さい。樹脂を多く含むなど、吸い込みの悪い木材には、 二度塗りして下さい。・木造住宅の防虫防腐処理は、一般の白アリ防除剤と同様に、基礎天端の木部の見え隠れ部 分に、塗布して下さい。・水で溶解後の容量は約2.7Lになり、塗布面積は約20平方メートルとなります。 【注意事項】 ・屋外の木製遊具など、雨が直接かかる場所や土と直接接する部分には使えません。流水の かかる恐れのあるところに使う場合は、定期的にチェックして下さい。・日本しろあり対策協会や日本木材保存協会の認定を取るためには、木片に薬剤を塗った試料 を水につけ乾かすという耐候操作を、防腐試験は30サイクル、防蟻試験は10サイクル繰 り返した後に試験を行います。水により溶脱するホウ酸塩は、この段階で溶け出してしまう ため認定が取得できませんが、溶脱の恐れのない部分では十分な効果が期待できます。・白アリが食べて初めて効くため、白アリに直接散布してもすぐに死にません。木材と一緒に 食べたり、体に付いた薬剤が口に入ることによって効くため、白アリの駆除には向きません。 白アリの予防剤としてご使用下さい。 【対象害虫・場所】 ・対象害虫:シロアリ、キクイムシなどの木材害虫・対象場所:工場、倉庫、飲食店、家庭などの害虫発生箇所

 <  前の記事 e-ウッドデッキ(フロアータイプ)3型 三角 L  |  トップページ  |  次の記事 【ポイント10倍】05)アサヒペンウッドガード外部用14Lウォルナット【1222PUP10F】  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://fivebefor.xsrv.jp/mt/mt-tb.cgi/911

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

テクノラティ

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「シロアリ対策のポイント!関連読本」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。