Top >  シロアリお薦めグッズ >  桐箪笥(たんす)の職人がこだわって作った米びつ焼桐5kg用 【黒】

桐箪笥(たんす)の職人がこだわって作った米びつ焼桐5kg用 【黒】

桐箪笥(たんす)の職人がこだわって作った米びつ焼桐5kg用 【黒】
桐箪笥(たんす)の職人がこだわって作った米びつ焼桐5kg用 【黒】
価格: 10,500円
販売元: 職人魂

桐製米びつ 焼桐5kgのお米が入る大きさです。 一人暮らしや、お米の消費が少ないご家庭向きです。 美味しいご飯を食べてずっと元気でいてほしいから、単身赴任のお父さん、一人暮らしのお子様への贈り物にいかがですか?【大きさ】  横   約18.5cm 高さ  約20cm 奥行き 約36.5cm (風呂敷は商品に含まれません)実際に焼いて色付けをしているため、桐の木が焼けたにおいがすることがありますが、有害なものではありませんのでご安心ください。しばらくお使いいただきますと気にならなくなります。 桐材について 桐の材料の産地はアメリカ北部の材です。 会津の桐が材料で有名ですが、現在伐採により アメリカ北部の 桐のほうが年輪もこまかく綺麗で、 材質もすぐれており、当社では30年くらい前から 使用しております。    加工方法は原木から水槽につけてアクを十分抜き、 それから天日に半年から一年くらい干し、 最後に乾燥室で十分に乾燥させて使用しています。       (乾燥が不十分だと割れてきたりします。)   ボンドについて 接着剤はコニシ株式会社製の木工用ボンドを 使用しております。 環境基準に適用しているボンドを使用しております。 臭いなどないボンドです。         (目がしみたりなどまったくないです) ホルムアルデヒド溶剤ではありません。 製品名はコニシ株式会社 ボンド木工用です こちらの業務用を使用しております。 あれっ? お米変えた? いいえ、 米びつかえたの!! しかも!今までいいお米を買っていた方も 知らない間にお米の味はどんどん落ちているんです!! せっかくのおいしいお米が、だんだんと、ただのお米に・・・ だから! お米を入れるなら 桐の米びつ!! お客様からのお言葉です! 一体どこが違うからいいの??? ここが大きな違いです!! 従来の米びつにはない隙間のなさ!! もちろん、蓋をしたときの機密性も抜群!! だから虫も湿気も入ってこない!! 板の厚みは約2cmもあります!! しかも蓋は一枚の板を削りより隙間のないように加工されています(木の目がつながっているのがわかりますか?) 桐箪笥を作るときの技術を生かして、より隙間のない、機密性の高い作りになっています! これで、外部からの虫と湿気の進入を許しません!! 疑 でも、木だからシロアリに食べられて 穴があいたりしないの? 大丈夫です! 【桐がシロアリに食べられるか実験してみました】 ・ ・ 1週間後 ・ ・ ピッタリとひっついていたのに 全くかじられた跡が ありません! だからシロアリにかじられて穴があく心配もありません! 【職人魂の焼桐の米びつは        こうして作られます】 焼桐という名のとおり木を焼いていきます。 ふたをした状態で焼いています。 ふたと本体の間の隙間がないので 手を入れるためにくぼんでいるところ以外は 焼けていません!! 余分な炭を落とすと、味わいのある木目が出てきます。 そして、色落ちがしないように、こまかくロウを塗ります。 焼桐を作る方法は他にもいくつかありますが、 職人魂では、お米を入れるので、 薬品等を使わない安心な方法で製作しております。 他のサイズの米びつを見る

 <  前の記事 【送料無料】動噴・防除機に!三菱重工 メイキエンジン GM291PN スタンダード仕様  |  トップページ  |  次の記事 【超希少!!】【当店人気商品】自然の土壁炭焼き炉でじっくり焼き上げました伝導性に優れたマイナスイオン効果を実感!!『阿武隈高原産の希少竹炭「飾炭」箱入り』       > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://fivebefor.xsrv.jp/mt/mt-tb.cgi/921

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

テクノラティ

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「シロアリ対策のポイント!関連読本」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。