Top >  シロアリお薦めグッズ >  公認会計士vs特捜検察

公認会計士vs特捜検察

公認会計士vs特捜検察
公認会計士vs特捜検察
価格: 1,890円
販売元: 楽天ブックス

著者:細野祐二出版社:日経BP社/日経BP出版センターサイズ:単行本ページ数:431p発行年月:2007年11月この著者の新着メールを登録するある日、凄腕の公認会計士が逮捕された。容疑は粉飾決算。シロアリ駆除の上場企業、キャッツ経営陣による株価操縦事件に絡み、東京地検特捜部に摘発されたのだった。カネボウ、ライブドア事件でも公認会計士が逮捕されたが、すべて容疑を認めている。だが、キャッツ事件の被告は容疑を否認して、190日間拘留される。「粉飾決算ではない」。専門の会計理論を駆使して取り調べの検事と対峙するが、検察の描いたシナリオのまま起訴される。まさに、佐藤優『国家の罠』の公認会計士版である。裁判では、会計学者から粉飾ではないとの鑑定意見が出され、他の容疑者のよる被告に有利な証言が相次ぐが、一、二審とも敗訴。東京高裁の控訴審判決直後、白血病の妻が急死するという悲運に見舞われるなか、上告して闘っている。その闘いの詳細を極めた被告自身の手記である。【内容情報】(「BOOK」データベースより)会計論争で検事を打ち負かしても一、二審有罪。「司法の闇」を弾劾する辣腕公認会計士渾身の書。【目次】(「BOOK」データベースより)第1部 事件(東京地検特捜部/逮捕/勾留)/第2部 一審(猫/店頭登録/顧問会 ほか)/第3部 控訴審(告白/共謀/宣誓供述書 ほか)【著者情報】(「BOOK」データベースより)細野祐二(ホソノユウジ)公認会計士。1953年生まれ。78年3月、早稲田大学政経学部卒業、82年3月、公認会計士登録。78年10月から2004年までKPMG日本(現あずさ監査法人)およびロンドンにおいて会計監査、コンサルタント業務に従事。著書に『国際金融取引の実務』(中央経済社、平成元年日本公認会計士協会学術賞受賞)など。主な論文に「先物外国為替の会計処理と問題点」(昭和59年日本商工会議所会頭賞、日本会計研究会会長賞受賞)、「ベンチャー企業に対する税制上の問題点と若干の提言」(平成7年日本税理士会研究賞受賞)。所属団体:日本公認会計士協会。資格等:公認会計士、英検1級、通訳案内士(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)この商品の関連ジャンルです。 ・本> 人文・地歴・哲学・社会> 社会> 犯罪

 <  前の記事 白アリ駆除で長年の経験を持つ「イカリ消毒(株)」の白アリ防除剤! スーパーアリジェット  |  トップページ  |  次の記事 ◆こだわりの床材◆外装材 エクストウッドデッキ用材(ドライ) ブラジリアン・マニルカラ210サイズ■20本セット 【天龍木材】  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://fivebefor.xsrv.jp/mt/mt-tb.cgi/714

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

テクノラティ

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「シロアリ対策のポイント!関連読本」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。